歯ブラシの知識を増やそう

>

歯磨きの歴史

正しい歯磨き

ここではまず歯磨きのポイントについてご説明をいたします。歯磨きをただ行うだけでは効果が表れない場合があります。効果の表れない歯磨きはどれだけ行っても無意味な時間を過ごすだけであります。ここでは歯磨きを行うにあたってのポイントについてご説明をいたします。
正しい歯磨きのポイントをまずは押さえるようにいたしましょう。

歯磨きをするうえで大切になることといたしましてまずは歯垢が溜まやすい場所をしっかりと磨くということが挙げられます。お口の中の全体を満遍なく磨くのではなく歯垢が溜まりやすい箇所は特にしっかりと磨くようにいたしましょう。
歯垢の溜まりやすい場所といたしましては歯と歯の間や歯と歯茎の間などが挙げられます。これらの箇所は磨き残しなどが起こりやすい場所でもあるため注意しましょう。

タイミングが大切

次に歯磨きを行うタイミングもポイントとなります。
歯磨きを必ず行った方が良いタイミングが存在するためタイミングをしっかりと理解しておくようにいたしましょう。

まず歯磨きを行うタイミングといたしまして食後ということを理解しておきましょう。食べ物を食べた後は必ず磨くということを頭に置いておくようにいたしましょう。食べ物を食べると汚れや食べカスが残ってしまいます。この歯垢や食べカスを放置しておくとやがて虫歯や歯周病の原因となるため食事後の歯磨きを心がけましょう。

次に寝る前には必ず歯磨きをするようにいたしましょう。睡眠中は唾液の分泌量が減少いたします。唾液の分泌量が減少することにより細菌の増殖の原因となります。細菌の増殖を防ぐためにも寝る前の歯磨きを徹底しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る